知り合いと交通事故、せめて車の修理代は払ってほしい…

2017.7.1

知り合いと交通事故、せめて車の修理代は払ってほしい…

福岡県うきは市に老夫婦二人暮らしで、夫74歳、私は70歳です。夫は2年前に小脳出血で朝倉市の病院に入院していました。日常生活に問題はありませんでしたが、時々食べたことを忘れたり、お薬はいつも飲み忘れる高次脳機能障害になっていました。普通に接していたら問題があるとはわかりませんが、よく知る人には高次脳機能障害があることは判断できます。免許証の返納をすすめましたが、本人は運転したいとのことで、教習所でテストを受けて運転には問題がないということでした。


事件は起こったのは大雨が降った日でした。本人が運転したいと言っても、私はカギを隠していました。本人も車の運転をあきらめたと誰もが思っていました。


外出から家に帰ると、左のヘッドライトが粉々に壊れていました。私は驚き問い詰めると、運転中に当てられたというのです。ズボンのポケットには、30キロは離れた場所にある、ガソリンスタンドのレシートがありましたが、本人全く覚えていません。事故の場所は家の近くであったようで、加害者は良く知る人でした。


事故は大雨のせいで前方の視界が悪くなり、夫の運転する白い車が見えにくかったようで、対抗している時に中央線を越えて接触したようでした。警察も呼んで現場検証しました。


加害者は小脳出血したことを知っており、最近の行動がどこかおかしいと感じていたみたいで、私は加害者に叱られました。近所にも事故の一軒を言いふらされて困っています。車は軽自動車の貨物車なので、家族で必要な時に乗っています。娘が商売をしているので使う事もあります。こちらにも問題はありますが、車の修理代くらいは請求したいところです。

PickUp記事

一覧へ戻る