保険会社が提示する示談金に納得できない

2017.7.1

福岡市で親子3人で暮らしている主婦です。娘と一緒に帰宅している途中にバイクが飛び込んできました。私は徒歩、娘は自転車に乗っており、よりによって娘の自転車に衝突されてしまい、娘は転倒して頭部を強打。ヘルメットをしていたので命に係わる怪我にはなりませんでしたが、歯を3本も追ってしまい、首や肩にまで大きな傷を作ってしまい、現在も治療を続けています。

納得がいかないのは保険会社の対応です。示談交渉が始まって示談金が提示されましたが、驚いてしまうほどの少ない金額で、しかも内訳や理由について一切記されていませんでした。直接話をしても腑に落ちない説明ばかりされてしまい、お金の問題ではありませんが娘が体や心に負った傷を思うと涙が出てきてしまうほどで、到底納得ができません。

裁判の事例なども出して今回の示談金の少なさについて説明しましたが、「ケースによって違うことなのでその通りの示談金を出す訳にはいかないんです」「それを基準に済ませて良いのなら我々の仕事なんて無いんですよ」と馬鹿にされたような対応を受け、余計に腹が立ちました。最初は「示談金はそんなものなのかもよ」と言っていた主人も、保険会社の対応には頭に来ているようで、弁護士への相談を真剣に検討しています。保険会社がここまで敵のような存在になるとは思いもせず、とても困っています。

PickUp記事

一覧へ戻る